greenpiece

COLUMN

JAこまち 大坂洋平さんの産地視察へ行ってきました。


ずっとずっと行きたかったJAこまちの大坂洋平さんの産地。
大坂さんといえば、秋田県の南に位置する西馬音内でラナンキュラスやトルコ桔梗を栽培している花農家さんです。
その花の品質はピカイチ。
見ただけで「これは大坂さんのだ」とすぐに分かるくらいです。

特徴は何と言っても花の大きさと茎の太さ。
そして抜群の花持ちの良さです。
中でも一重咲きのラナンキュラスラックスは1カ月持つことも。
かなり前から行きたいとお願いをしていたのですが、願いかなってようやく伺うことができました。


まず簡単に大坂さんが花づくりに至ったまでの経緯をお話ししますね。

野菜農家のご両親のもとで育った大坂さん。
今では想像できませんが20代の頃は部品製造の職場でお仕事をされていました。
退職後は特別やりたい仕事もなかったそうで、ご両親の農家をお手伝いすることに。
野菜メインの栽培だったそうですが、当時はすごくやりたくなかったようで特にスイカは嫌いだったとのこと(笑)
ただ、その中でもトルコの栽培は楽しかったとそうです。
それからトルコの栽培に力をいれ、その後に(15年ほど前)ラナンキュラスの栽培を始めたそうです。
大坂さんのいる西馬音内は豪雪の地域。
冬の時期は、ほとんどの農家さんはお休みをするそうですが、その時期でも出荷できる花はないか、秋田の寒さに耐えれる花はないかと思っていたところ、見つけたのがラナンキュラスだったそうです。
ラナンキュラスといえば、九州や長野が有名なのでそちらへ出向いてかなり勉強されたそうです。
ただ、秋田の気候と九州の気候はまったく別。
一から試行錯誤しながら研究に研究を重ねて栽培に成功したそうです。
今ではいろいろな人に栽培方法をお伝えしたりして秋田でも少しずつラナンキュラスの生産者さんが増えています。


20棟程のハウスを持っている大坂さん。
そのハウスに入ったときの一番の印象は
「すごくきれい!!」
ハウス自体はそこまで新しいものではないそうですが、きれいです。
花株も整理されていて、悪くなっている葉が見当たらない。
花も茎も葉もみんなイキイキとしていて私たちにとっては夢のような世界でした。
ハウスに入っただけで、お花に対しての愛情がすぐに分かりました。


今では人気の一重咲きのラナンキュラス「ラックス」は6~7年前に栽培を始めたそうで、初め見たときはあまりの素敵さに「なんだこれ!?」と衝撃を受けたとお話しされていました。
ただ、それと同時にどうやって売ったらいいのだろうとも思ったそうです。
今では当たり前のようにスプレー咲きで販売されていますが、初めは安い価格長さも短くし、つぼみの状態で販売したそうです。
なんだか今では考えられません。


私たちもラックスの株を見たときに普通のラナンキュラスとの違いに驚きました。
まず、花の長さとボリューム感。葉の形も普通のラナンキュラスとは違い大きくて立派でした。ラックスは生命力が強いお花だそうで、どんどん伸びてくるそうです。
3月くらいになり温かくなってくるとお花の成長も早くなるのでるとかき分けて通らなくては収穫できないと言っていました。


こちらはの赤ちゃんのトルコキキョウ。
9月に種まきをして今このくらいの大きさ。
寒さに弱いので温かいハウスで大事にされていました。
こちらの花たちは6月に収穫するそうです。
秋に種を巻いて冬を超えて春になってから収穫することを「越冬」と呼ぶのですが、やはり栽培するのにリスクがあり冬を超えられず半分くらいがダメになることもあったそうです。
それでも越冬したトルコは土の中で長いこと養分を貯めることができるので肥料の力ではなく自分の養分できれいに大きな花を咲かせるのだそうです。
大坂さんのトルコはバリっとしていて大きくてキレイなんです。

そういえば、大坂さんのトルコを自宅で飾っていたときに、水に入れながらそのままドライになっていたことがあります。
トルコは茎に水分を多く含んでいるので水に差しながらのドライは難しいのですが、驚きの出来事でした。


「一番大変な作業はなんですか」
と聞いたらやっぱり「雪掻き」。
今年は例年にない程の豪雪で、お正月の頃はハウスが雪に埋まってしまってどこにあるかわからなくなってしまうほどだったそうです。
ハウスまでたどり着くことも出来ずただひたすら雪を掻いたと言っていました。
どこの地域でもそうですが
その土地の気候と付き合いながら日々花と向き合っている農家さんは尊敬しかありません。



写真でもわかる通り、大坂さんのラナンキュラスは見たことないくらい、珍しい品種が多いです。
このような品種はやはり栽培するのが難しいのだそう。
なぜあえてこのような環境の中、難しい品種をつくるのですか、と聞いたところ、
「お花がきれいだと、作っていて楽しいじゃないですか」と笑顔でお話ししてくれました。その笑顔がとても印象的で、あぁ、この人だからこんなキレイなお花が作れるんだなぁと心から感じました。


今までは、「お客さんがキレイな花を望んでいる」「花の曲がりはダメ」「葉の虫食いもダメ」など消費者目線でお花を購入することが多かったように思います。
でもこれからは「こんなに愛情を持ちながらお花を栽培している。その花農家さんがおすすめする花を販売する。」のように情報を発信しながら、花農家さん主体でお花を販売していきたいと強く思いました。



最後に、今回連れて行ってくれた仲卸「生花苑」のたまちゃん、ありがとう!!

秋田県ダリアの産地に視察に行ってきました。

皆さんは秋田のダリアがどのように生まれているかご存知ですか。
世界的に有名なダリアの育種家である鷲澤幸次さんがダリアの普及を目的に開園した秋田国際ダリア園で新品種を生み出し毎年10月におこなわれる選考会で厳選されたのち名づけされ生産者さんが育成をはじめます。
新品種の交配には6色も混ぜるものがあったりするそうです。
しかし生産に入っても最初は全部廃棄になってしまうほど難易度が高い場合もあるそうです。新品種といってもそんな簡単なことではない事がよくわかりますね。
NAMAHAGEダリアをはじめ、秋田のダリアがこのように全国の方から愛されるようになったのは秋田国際ダリア園の鷲澤さん、生産者さんはじめ、JA秋田や県、市の担当の方々がこれまで多くの努力をされてきた結果だと思います。
秋田の誇りを生み出してくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
そんな秋田で花のお仕事をさせていただいているからには身近にあるダリアの生産地を知り広めていかない理由はありません。

ということで今回ようやく念願叶い雄和種沢あるにダリアの生産ハウスの見学をさせていただくことができました。

JA秋田なまはげの石川達也さんとダリア部会長の古屋久勝さんに案内いただきました。部会長の気さくな笑顔に終始癒されました。

最初にダリアのロスフラワーを見せていただきました。
咲きすぎたり開き方がよくなかったり花形がまるくなかったり花びらが少なかったりと市場の要望や流通企画に見合わない花ははじかれてしまうようです。

正直、私たちにはどれも素晴らしダリアにしか見えませんでした。
咲きすぎても切られてからの鮮度には差がそんなにないらしく
ワニ口などと呼ばれている丸くなれなかった花もこれはこれで綺麗だなと思いました。

1棟のハウスにはダリアが200~300株が植えられていて株と株の間隔をどのくらいあけるかによって植える数がちがってくるそうです。
こちらのハウスでは1株から7~10本程、枝が伸びていました。
ダリアは花の生産の中でも難しいらしく、品種によっては3割近く失敗してしまう事も。
出荷は8月頃から始まるのですが、ダリアにとっての適正温度は12℃前後で
暑い季節だと日中元気がなくなっていて切ることができず気温が下がる夕方から夜の23時くらいまで収穫作業を行うこともあり、それがなかなか大変だと古屋さんがおっしゃっていました。
ダリアは花持ちが悪いイメージを持たれている方も多いようですが、それは出荷がはじまる8月、9月の暑い時期だけで10月になると気候もよくなり、しっかりと水あげをすれば2~3週間は綺麗に咲いてくれます。
このあと伺った鷲澤さんによると、花持ちの良いダリアの開発が進んでいて、まだ色味は限られているのですがこれから増えてくるそうです。これは楽しみですね。

花を大きくするために脇芽を手作業で1つずつ摘んでいきます。大変だけど大切な作業です。

新品種の【のんちゃん】と【令和】
秋田ののんちゃんといえば佐々木希さん。
金足農業の熱い戦いを思い出させてくれるコウセイやトランプ、イバンカもあるんですよ。
名前がその時代を物語っていて面白いですね。

ダリアの増やし方をはじめて知りました。
下の方の脇枝を土に挿すと増えるそうです。

ダリア生産者さんの苦労やどんなことに気を付けているかなどたくさん学ぶことができ、普段当たり前に扱っているダリアがより一層大好きになりました。

古屋さんのハウスを視察後に秋田国際ダリア園にお邪魔しました。
ここからNAMAHAGEダリアが生まれているんです。

広大な敷地には1000種類以上のダリアが咲き誇り圧巻の景色。
ここ以外にも同じくらいの広さので球根だけを採取する圃場などが2カ所あるそうです。

現在の秋田国際ダリア園は鷲澤幸治さんのご子息である康二さんが園長を務められていて広い敷地内で芽かきや葉とりなど多くの業務を限られた人数で行っているそうです。康二さん達の苦労があってこそ秋田のダリア、NAMAHAGEダリアが生まれていくのですね。本当に尊敬します。

今回、ダリアの産地を視察させていただき美しいダリアが生み出され世に出回るまでの流れを学ぶと同時に、その過程の中でロスフラワー(廃棄)になる花も出てしまうことも知りました。
食もそうですが流通には売れる為の出荷基準が必要でその基準にあわせることが大切なのは勿論ですが、規格外でも新しい価値観で活かせたら生産者さんの苦労も無駄にならないし、飾って喜んでくださる消費者の方も必ずいると思います。
生産者さんとお客様の間にいる私たちがそれぞれに情報を届けより良い環境を作っていく為には交流をして知ることが大切です。
これから秋田のダリアの素晴らしさを伝えていくと共にロスフラワーの新しい魅力も発信していけたら益々楽しくなりそうです。

今回、ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。

羽後町の花農家さんに行ってきました。

はじまりは今年のはじめ頃。
gp店内でのお客様の一言からでした。
「私、花農家でストックやチースを作っているのですが、ストックはドライフラワーになるのですか?」

そう話しかけてくれたのが今泉さんでした。
今泉さんはお父さんの代から花農家を営んでいて、小さい頃から土やお花に触れて育ってきたそうです。

greenpieceに来たのは、普通にお買い物としてお母様と店内に入った際に丁度頭上に干したてのストックがあったからでした。
そこからいろいろなお話で盛り上がり、曲がりや規格外の理由で販売できないストックを持ってきてくれました。
(2020,1,20のブログ記載)

そこからずっと今泉さんの農園に行きたい!!と思いチースが満開に咲く頃伺うことができました。

スターチスはドライフラワーになっても色あせないお花でドライフラワーを作る私たちにとってなくてはならないお花です。
花言葉にもあるように
「変わらぬ心」「永遠に変わらない」ことからとても花持ちが良いのが特徴です。
今までは葬儀がメインとして使われていましたが近年ドライフラワーの流行によりブライダルやギフトとしても人気が出てきています。

紫色に見えるのがガクで白いのが花になります。この花が満開になったタイミングが収穫となります。

葬儀の場ではこの白いお花が嫌がられていたそうで、収穫後創庫で保管している間に白いお花が咲き終わるようにしているのだそうです。
お花の市場でもこの白いお花はあまり見かけないのでおどろきました。

また、チースはとても折れやすいお花です。たくさん分け目がある中からハサミを入れて切り、茎を丁寧に持ち上げて収穫されています。
チースの色や品種によって収穫のタイミングの見分け方が異なるようで、いつもお花を触っている私たちも緊張しながら触れていました。

収穫後は規格の長さにします。
脇から出ているお花は規格外で外して出荷しているのだそう。

外したお花は道の駅で売るか、近所の方と物々交換をしているのだそう。
破棄をしてしまうお花もあるのだそう。
ついついもったいない。。。となってしまします。このロスもいつかなくせる日が来るといいなと切に思います。

今泉さんはチースやストックの他にトルコキキョウや小菊なども栽培しています。

小菊はハウスではなく路地栽培。お盆のころに出荷できるように調整をしているのだそう。

また、花の他にも野菜の栽培もされています。

こちらは今の時期旬なオクラ。オクラは南国に咲いている花のようでとてもキレイでした。

ここのオクラは「ひばり野オクラ」というブランド名があり農林水産省の地理的表示保護制度の登録産品となっています。

地理的表示(GIマーク)は、産品の確立した特性と地域の結びつきが見られる真正な地理的表示産品であるとして、知的財産として国に登録された証です。
オリンピック選手に提供されるお野菜にもなるそう。

こちらから購入できます。
私たちも食べましたがびっくりするほど柔らかく甘いオクラでした。


「そもそもお花が好きじゃないと栽培できませんよ。」
今泉さんの言葉がずっと頭に残りました。
自然が相手なので大変なお仕事ですが、農家さんたちのご苦労があって私たちの元に美しいお花が届いていることに心から感謝しました。
この農家さんたちの想いもしっかり伝えるのが私たちの責任だなと強く感じました。

今泉さんお忙しい中本当にありがとうございました!!