お花の壁“ロスフラワーウォール”

「フラワーウォールを新居に施工したい!」

あるご夫婦から、
このようなご相談をいただきました。
リニューアルオープン後、とても反響の大きい 
“ロスフラワーウォール”。
こちらを壁を見てのご相談でした。

フラワーウォールへのご相談・ご要望は
沢山頂いており、今回、実際のご新居への施工が
実現いたしました!
とっても素敵なご報告を頂きましたので
ご紹介させていただきますね。

S様宅

左官屋さん・ハウスメーカーさんご協力のもと、施工開始。
フラワーウォールは時間との勝負でもあります。

全体のバランスを考えながらお花を散りばめていきます。

ご夫婦でお花をぺたぺたしたそうです♩花材購入の際、ご夫婦にお会いしましたが、とても仲が良く楽しそうなお二人でした^^

お花畑のように散りばめられたお花たち。ご夫婦のセンスがとてもも光ります。
ご自身で施工することにより、お住まい完成後の楽しみが倍に増えますね。


とっても素敵すぎませんか?
こんなおうちに住めるなんて羨ましい。。♡

実は全部、ロスフラワーなんです。
作品を作る段階で落ちてしまったお花やかけらを
大切に大切に集めて
新しくフラワーウォールとして生まれ変わりました。

S様はダイニングを
フラワーウォールにしたとのこと。
「大好きなお花に囲まれての食事が
今から楽しみです」とおっしゃっていました。
毎日のお食事が楽しみになるような
お手伝いができたこと、本当にうれしく思います。
ご家族の皆様の穏やかで健やかな
これからの日々を願い、
フラワーウォールという存在で見守っていきますね!

大切な家族との大切な毎日、
無駄な日なんて一日もありません。
お花も同じで、
落ちてしまったり欠けてしまったお花でも
無駄なお花は一つもないという想いです。

今回ご購入いただいた「フラワーウォールパック」は
オンライン販売に向けて準備中です!
フラワーウォール施工などのご相談も
随時受け付けています。
お問合せはこちら

*「ロスフラワー」とは
みなさんのお部屋できれいに咲くお花は、産地から市場を経て、フラワーショップまで旅をします。その流通過程で大量の破棄花がでてしまうのは、花業界で当たり前であると同時に悩みでもありました。
シーズンが終わってしまった、咲きってしまった、少し傷ついてしまったという理由でまだ綺麗なのに誰の手にも渡らず捨てられてしまう”ロスフラワー”。
農家さんが大切に育てた花を無駄にしたくはない。
その想いから、弊社ではドライフラワーの製造や販売、ドライフラワーの作品として新たな命を吹き込む取り組みを行っています。
終わったから、お花を「捨てる」ではなく「再利用する」社会を目指して、そしてお花が日常的な生活の一部になるようなライフスタイルへ。